image

Voice 頑張る女性の声

「あの頃の自分の様に、悩んだり なかなか前に進めず立ち止まっている女性を私のこの手で変えて行きたい!!」

セラピスト 山道秋代 S54.9.9

サロンとの出会い

今からちょうど5年前、私にとって転機となる出会いがありました。。。
それはFit Twin新橋店(現St.Juliano)との出会いです。
お客様からセラピストへ転身した松っさんのお誘いで、私もこちらのサロンの会員になり通い始めました。
その頃精神的に病んでいた私の心と体はボロボロで、どれ程サロンのスタッフの方達に支えられていた事か計り知れません。
そして、ポジティブ思考と自分を磨くという事を教わりました。

それまで「自分に向いた仕事は何だろう」「一体私は何がしたいんだろう」等と自分探しをしていました。
重い腰をようやく上げ転職活動を始めて、やっと人を癒すという仕事と出会うことが出来ました。

「あの頃の自分の様に、悩んだり なかなか前に進めず立ち止まっている女性を私のこの手で変えて行きたい!!」

そういう思いを抱き、2008年4月からSt.Julianoの仲間に加わらせて頂く事となりました。
自分がお客様だった頃、次の日お手入れに行くのが楽しみでその夜はなかなか寝付けなかったように、サロンに来る事を日常の楽しみの一つにしてもらえたら嬉しいです。
又、自分を磨くということにもっと目を向け、楽しんでもらいたいです。

St.Juliano=アシュラム

アシュラムと言うものをご存知でしょうか?
ヨガの聖地とされるリシケシ(インド)にある、ヨガを教えてくれる言わば道場のようなものです。
そこは精神的な修行をする場所でもあるとされます。
St.Julianoは私にとってアシュラムであり学び舎です。
おもてなしの心やお客様一人ひとりに対する熱い想い、夢を絶えず語り続けることの大切さ…。
そういった目には見えないけれどとっても大切な心のありかたを日々学ばせてもらっています。
それと同時に、私達はお客様と共に成長させて頂いています。

チーム St.Juliano

個々の力を合わせればより大きな力を生み出す

スポーツチームのメンバーにポジションがあるように、 St.Julianoのスタッフにもそれぞれに役割のようなものがあるように感じます。
私のポジションは“足”からその人を理解すること。
Foot Careでお手入れさせてもらいながらその人の目線で物事を見る様に心がけています。

そうすることで直接会話をしなくても相手の痛みや辛さを解ってあげられるようになり、互いの距離はグッと縮まり、信頼と安心感・安らぎなどが得られ易くなります。

一人のお客様に対し、チームSt.Julianoみんなでサホ゜ートすればお客様はより一層魅力的になれます。

お肌をキレイにすることは外見を綺麗にすること以上にハートをキレイにすることになります。

セラピストとして、一人の人間として、お客様のハートのお手入れもできる一人前のセラピストを私は目指します!

仕事もプライベートも充実させるには高い目標・夢を明確に描くこと。

加藤晃子 S53.4.2

ここサロンでは、一人で悩み疲れた心と体を開放させ下り気味の気持ちが前向きになり

“新しい自分に出会う瞬間”を楽しんでいただきたい。

愛されたいと思うなら先ずは自らが人を愛すこと。その一歩を踏み出す勇気で全てが変わる。
恐れずチャレンジする精神を忘れてはならない。「少欲知足」の心を持っていれば自分に起こる全てのものに感謝できるだろう。

【サン・ジュリアーノの命をかけての夢とは】

「アフリカ大陸に水のパイプラインを引くこと」

これはとてつもなくお金も時間もかかるだろう。アフリカの子供たちがキレイで安心して飲める水を、沢山の人たちと協力し合って実現させたい。

これを死ぬまでの大きな目標とかかげ今の自分には何をしなければならないのか、何が必要なのかを掘り下げ優先順位を立てていく。
当たり前のように何でもある中で生活している。今の日本の姿でとても悲しい現状として自分の子供に対して無関心・暴力(心と体の虐待)が増えている。
女性からしか新しい命は生まれない。子供を育てるまでに心が成長していない女性が多いあらわれだと思う。

私達の使命は、そのような現実から目をそらさず、一人でも多くの女性のSOSを察知し、光り輝く女性へと変えていくこと。
夢を描き、それを現実させる喜びを感じることのできる女性が育児に向き合ったとき、子供の心に沢山の栄養を与えることができるだろう。
近い私の夢は、エステティックの発祥の地Palisに技術を習得しにいくこと。それと“和のおもてなしの心”を伝えにいくこと。(来年の春)

また今日もお客様の心と体に向き合い皆さんと共に自らの魂を磨き続ける。

セラピスト  藤堂亜矢(とうどうあや) S59.2.24

サロンに毎日出勤することが楽しくて、職場ですがとっても居心地がいいですよ♪
スタッフみんな家族のように仲良しで笑いがたえないし☆
みんなで毎日ば〜ばの特製お弁当を食べて健康管理はバッチリです♪

ば〜ばのお弁当はボリューム満天で常にお腹ぽっこりしちゃってます。

イベントや企画をすることが大好きなので、これからももっとサロンのお客様に楽しんでいただけるように色々企画していきたいと思ってます。

では、キャラ的にも真面目な話は似合いませんが、熱く語らせていただきます。

【セラピストになったきっかけ】

私はもともとサン・ジュリアーノサロンのお客さんだったんです。
以前働いていた会社は、カード会社で一般事務として毎日パソコンと電話とむきあってるような仕事をしていました。
社会人1年目の時にこのサロンを知って、仕事帰りに通ってました。
サロンに行くのが毎回楽しみで、お手入れももちろんスタッフの皆さんと話をすることでたくさん元気をもらっていました。
担当のセラピストが一緒になって私の肌や健康面やトラブル改善するために頑張ってくれました。いっぱいお客さんがいるなかで、たくさんの愛情を注いでくれたスタッフの皆さんの熱い気持ちを感じ、素晴らしいお店だなっていつも思ってました。

この感動をもっと多くの人に伝えたい!!っと思ったことが一番のきっかけで、人の人生をまで変えていく仕事、きれいになること、健康な身体づくりをサポートする仕事ってなんて素敵な仕事なんだろうと思い、セラピストになることに決めました。

【今思うこと・・・】

早いものでサロンで働き始め4年が経過し、自分のお手入れやアドバイスによってお客様がどんどんきれいになり、それを見ていると嬉しくてたまりません。
私は今のセラピストという仕事にやりがいを感じ誇りをもっています。


お客様の心のケア・お肌のケア・健康のサポートを、自分にできる限界までこれからも挑戦していこうと思います。

そして、私のように職場が楽しい!!毎日笑顔でいられる女性がもっともっと増えていくよう、私たちスタッフみんなでお客様を引っ張っていけるセラピストでありたいです。

セラピスト   松村亜紀子(まつむらあきこ)  S54.10.8  
サンジュリアーノ一番最初のお客様

お客様⇒スタッフへ立場を変えて新生サン・ジュリアーノと共に成長させて頂いたきっかけ

オープン当初はFIT TWIN新橋店というフランチャイズに加盟しており、 その時オープニングスタッフで働いていた友達の誘いで松村通い始める!!当時23歳・・・

お米のパッケージを取り扱っている会社の営業事務をしてました。米屋や卸のおっさん、いやいやおじさま達は威勢がいいというか気は優しいが口が悪いというか入社当初は電話がかかってくるのが怖くてしかたがなかったが、そんな自分がイヤで電話がかかってきて音が鳴る前に誰よりも早くとろうと光ったら即電話に出るなどひそかに自分との闘い(今思えば笑微しい)しかも、食べることが大好きで一番の楽しみであるランチタイムも電話とくると、『あ〜ごめん、肉だんごくん、よく噛み締めずお腹の中へ〜』
そんな余談はよしとして・・・

高校を卒業するあたりから吹き出物に悩まされ実は10代の終わりからエステ通いや、だいぶぽっちゃりしていたので痩身エステなども通っていました。
おまけに生理不順ときて皮膚科や婦人科にも通っていて飲み薬やら塗り薬・・・
結果も思うように出ずキレイにはなりたいがその術がわからないー!!とどこかで思っている毎日。入社当初は月1コースしかなく、月に1回の至福の時を楽しみに、おうちでスタッフ(友達)のアドバイス通り、基礎化粧品から見直しきちんとスキンケア!!

今までのアルコールたっぷりの化粧品のにおいはなんだったんだ〜これはたぶん本物だ!!と思いながら、時にはわざわざお店の近くまでスタッフがきて途中経過を写真とってくれたりしこれは今でも宝物で来てくださっているお客様にも恥ずかしながらお見せしたりもしています。
仕事でぐったり疲れていても笑顔で迎えいれてくれ極上のお手入れをしてもらうとこのままここで寝てた〜いと心と体のこりかたまった毒素があどこかへ流れたんだ〜。足取りも軽くいつもPCと向き合ってほとんど使わない表情筋もsmileをするのに重たい感じが無い!
そして第一の喜び〜  いつも昼休憩で見る鏡にうつった自分は皮脂でギラギラしていた のに、ななんとこれはテカリではなくツヤっ? お〜やったぜ☆

お手入れ担当が今のチーフに変わり、『まっさんは顔が小さいんだからフェイスラインのリンパを流していけばもっと小顔になるよっ。本当の自分を引き出していこう』の一言によし!!リンパか、確かに昔は顔が小さいと言われていた時代もあったな〜。
とりあえず、週に1度でも2度でも頑張ってみる!!という気持ちをわかせてもらい
いつしかいつしか周りの友達にもやせた?っと顔が小さくなったねっといわれるようになり
これが第二の松村の喜び☆

そしてここからはまたまた大きい第3の喜び〜社会人ともなると飲む席も多くなります。
血行がいいのかアルコールが入ると吹き出物跡が赤くでてきてしまう。それがイヤでなるべくなら薄暗いお店で飲もうよっ・・・なんか自分怪しい人みたいだけどここは本音で!
ところが跡が薄くなり、飲んでも跡だけ赤く浮き出てくる感じがなくなり、ばんばんざい☆
そんなこんなで約2年。
肌質がかわるというのはこういうことなのかなってことを実感。
こんな経験ができたのも、このお店が初で引っ張ってサポートしてくれて本当にありがとう。
鈍感な私がなかなか変化にも気付けずやきもきするときもあったけど、下がっているときも上がっているときも、共に成長していってくれました☆

OL生活も3年目を向かえ・・・長年の夢だった海外出発を決意

っとそんなところへ嬉しいお声が!!スタッフの方が1名辞めることになり
一緒に働かないかっという言葉をお店から頂き・・・自分を変えたくて海外修行へと思っていたが悩んだあげくこんな素敵な人たちと一緒に働けるチャンスは2度とこないと思い海外行きを先送りにし、ここでなら自分がもっとスキになれる、自分を変えていこう!!
と決意新たに転職させていただくことになりました。
こうしてお手入れされるのが大好きだった松村がお手入れする側へと移ったのです。

自分は同じようにお肌のトラブルや肩こりで悩むたくさんのお客様をまのあたりにし
キレイにしたい、楽になって欲しいという気持ちとは裏腹につぼが分からい・・・
なんと声をかけてあげたらいいのか言葉がでてこない(口下手な自分に腹がたち)
まずはとにかくお手入れでお客様に満足してもらいたいという強い気持ちでひたすらお手入れ、自分のこの手でたくさんの女性をキレイにできるんだっというなんともありがたくファンタスティックな!!
今までそして今もこれからも通ってくださるお客様に感謝、
そして不器用な私を支えてくれているスタッフみんなに感謝☆
手から『キレイにな〜れ〜』という思いが届くようになり言葉がでるようになり、
そうやって目標にむかってひたすら走っていくなかで自分の長所が引き出され短所がうすれていきました。これはもしや、よくゆうポジティブ?!まだまだほんの1歩を踏み出したばかりでこれからもっと成長していく身ですが働いて2年半あっという間でした。
お客様だったころを忘れずその人にあった生活サイクルやバックグラウンド目標を一緒に分かち合い考え、お肌だけではなく心豊かな人生をおくっていけるようこれからも頑張っていきます。
そしていつも日の目を浴びませんが事務にある“日めくり説法”本日は〜“己のごとく人を思える心”何不自由なく満たされた生活の中で目に見えないけれど他人を思いやる心は必要ですよね!!

心身ともにまっすぐできれいな女性になれるよう私自身も成長していきます☆


image